お知らせ

2014/09/11未経験者の事故報告
(公社)全日本アーチェリー連盟
理事長宮﨑利帳 様
                          東京都アーチェリー協会
                            会 長 保坂三蔵
都内射場内での未経験者による事故未遂例について日頃より、アーチェリーの普及・発展にご尽力いただきありがとうございます。
傘下の協会より、首記のとおりの報告が上がりました。偶然とはいえ、1 か月の間に3回の未遂事例が発生したことを重く捉え、事故報告として提出させていただきます。
(事例1)
◎とき 8月上旬
◎場所 多摩市総合体育館弓道場
◎事象 全くの未経験者がCPボウを持参した(サイトは予算の都合で未購入状態)。
◎対応 教室日であったため、指導員から初心者に対しての練習法を教示し、CPボウの使用は禁じた。弓具の購入は、通販サイトとのこと。
(事例2)
◎とき 8月18 日、19 日
◎場所 世田谷公園洋弓場
◎事象 自称初心者がCPボウを個人練習日(18 日)に誤射し、矢を破損した。
◎対応 18 日、ショップで伝授された射法で誤射し、矢2 本を破損。防護壁上部に刺さった矢を放棄して帰宅。
19 日、団体利用日に再度来場し、当事者が発覚する。事情を確認したところ、都内のショップで対面販売で弓具一式を購入。矢は完成に時間がかかる為に、ショップの完成矢を借用したとのこと。当然、弓具の扱いも理解していない状態。放置すれば事故につながる可能性が高いことから、指導のため世田谷協会に入会させることとし、本人も入会を了承。射場利用は団体練習日のみにすることを条件に、安全管理事項の説明を行い練習を認めた。9/2 に都ア協理事長が当該ショップに事情聴取を行い、販売実績を認めた。対面販売時にCPでの練習実績を述べたため、信用したとのこと。代表者に遺憾の意を伝える。
(事例3)
◎とき 8月30 日
◎場所 小金井公園洋弓場
◎事象 全くの未経験者がCPボウを持参した(矢とリリーサーを未購入状態)。
◎対応 指導員に矢を貸し出すよう求めたため不審に思い、事情を確認したところ、通販サイトでCPボウとハンティング用サイトのみ購入したとのこと。56 ポンド、30 インチ引きに調整済み。初心者用の弓具で練習させたが、15 ポンドも満足に引けない状態にも拘らず、持参弓具を使用させないことへの不満を述べたため、無理を承知で引かせたところ、全く引くこともできない状態であった。
【全ア連への要望】
1 全国のプロショップに対し、未経験者及び初心者に対する弓具の販売に対し、基準の作成を求めてください。
2 全国の連盟・協会に対して、弓具持参の未経験者に対するマニュアルの作成、初心者指導法の見直しを命じてください。
3 全国の連盟・協会と共同で、それぞれの練習会場において、未経験者及び初心者の個人練習の禁止に関して、具体的な対処法をご検討の上、安全月間等にご示唆ください。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索